歌の上達方法

カラオケ上達の第一歩「音程を合わせるコツ」を掴んで音痴を卒業しよう!

カラオケ上達の第一歩「音程を合わせるコツ」を掴んで音痴を卒業しよう!

「音痴は練習してもどうせ治らない…」
「音痴だからカラオケで歌うのが恥ずかしい…」

音痴だから歌が苦手な方は必見!実は、音痴になっている原因が分かれば、トレーニングをすることで音程を合わせて楽しく歌うことができるんです

そこで今回は、

  • 音程が合わない原因
  • 音程を合わせるコツと練習法
  • 音痴で悩む人が直すべきポイント

を徹底解説!この機会に音痴を卒業して、カラオケをもっと楽しんでくださいね♪

カラオケで音程が合わない3つの原因

「音痴」には3種類が存在します。

音痴の種類

  • 感覚性音痴
    感覚性音痴は自分で音程を外しているか分かっていません。カラオケの採点や他の人に音程が外れていることを指摘されて気がつきます
  • 運動性音痴
    運動性音痴は音程を外している自覚はあるものの、声帯を上手くコントロールできず、音程が外れてしまいます。
  • リズム音痴
    リズム音痴は伴奏で鳴っているビートに歌を合わせることが出来ずに調子外れになってしまいます。

以下でもう少し具体的に、音程が合わない原因について見ていきましょう。

1.耳で聞いている音と口から出している音のギャップ

耳で聞いている音と口から出している音のギャップ

耳で聞いている音と口から出している音のギャップは、まさに感覚性音痴の原因のひとつです。

音痴で悩んでいる人の多くが、これに該当します。根本的な原因は、自分がどんな音を出しているのか把握できていないことにあるのです。

そのため、音を外しているか分からなかったり、合っていると勘違いしてしまいます。

2.曲のメロディを正しく覚えていない

曲のメロディを正しく覚えていない

基本の音程は合っているけれど完璧には歌えていない曲の歌いだしがズレてしまう時は、メロディを正しく覚えていないことが原因。運動性音痴の方によく見られます。

メロディはこんな感じだろうと、なんとなくで歌っていませんか?

曖昧な感覚では正しいメロディが分からず、音程を合わせるどころではありません。しっかりと曲を聞き込み、カラオケで何回も歌うことが大切です。

3.歌詞を歌うタイミングがズレる

歌詞を歌うタイミングがズレる

歌詞を歌うのが間に合わなかったり、歌い出しのタイミングがおかしいなど、頻繁に出遅れてしまう人は「リズム音痴」の可能性が高いです。

歌うタイミングがズレるのは、自分の中でイメージしているリズムと、実際のリズムの違いにより起こります

そのため、正確なリズムを把握して周囲のテンポに惑わされない力が必要になりますよ。

【参考】音痴をできるだけ早く直したい方はこちら

音痴は必ず治る!3種類の音痴と治し方を解説
音痴は必ず治る!3種類の音痴と直し方を紹介

音程が合わない人はまず自分のカラオケを録音しよう

音程が合わない人はまず自分のカラオケを録音しよう

カラオケで音程を合わせるにはまず、客観的に自分の歌声を知るところから始めてみましょう

普段から、自分の声を録音して聞く習慣のある人は少ないですよね。

最初は、いつも耳で聞いている声とのギャップに少し違和感を感じるかもしれません。ただし、何度も繰り返し聞くことにより必ず耳が慣れてきます。

「自分の歌声を聞く」ことは何よりも重要なトレーニングです。他人になったつもりで歌声を評価してみましょう。

  • 最初の音程は良い感じだが、サビの途中の音程が悪いな…
  • 合ってるつもりだったけど、正しいメロディとなんか違う…

など、客観的に自分の歌を知ることができれば、自ずと次の課題が見えてきます。

【参考】自分の歌声が嫌いな人はこちら

自分の歌声が嫌い!自分の歌声が嫌いな理由と好きになる方法を解説!
自分の歌声が嫌い!自分の歌声が嫌いな理由と好きになる方法を解説!

カラオケで正確な音程をとるための4ステップ

カラオケで音程を取るトレーニングは4段階あります。

音痴な人はいきなりカラオケで練習するのではなく、①のトレーニングから順番に始めてください。

1.聞き取った音と同じ音を発声する練習

鼻歌で歌う

用意するもの

  • チューナーアプリ(おすすめは、n-Track Tuner
  • 電子キーボードやPC、スマホなど特定の音階が出せるもの

まずは、聞き取った音を正しく発声できるようになりましょう。

練習方法

  1. 聞き取った音をキーボード(もしくは特定の音階が出せるもの)で出します。
  2. その音をチューナーアプリに聞かせて、音符を確認します。(CやDなど)
  3. チューナーアプリで表示された音と同じ音程(中央に矢印)になるように、今度は「あー」と発声します。

この練習で大切なのは、正しい音程で発声できたときの喉の感覚を覚えることです。

また、チューナーアプリは声が小さいと、音程が定まらず針がぶれてしまうため、しっかりとお腹から声を出しましょう。

2.曲のメロディと同じ音を1音ずつ発声する練習

2.曲のメロディと同じ音を1音ずつ発声する練習

用意するもの

  • 電子キーボードやPC、スマホなど特定の音階が出せるもの
  • 楽譜(ネットで無料入手可能です)

2ステップ目は、練習したい曲のメロディを1音1音丁寧に確認していきましょう。

練習方法

  1. 楽譜を参考に、練習曲のメロディと同じ音をキーボード(もしくは特定の音階が出せるもの)で出します。
  2. 音を鳴らしながら1音ずつ同じ音を発声します。
  3. 音を外しているときは、正しい音を何度も鳴らして自分の声を合わせていきましょう。

曲と同じ速さで歌うのではなく、テンポを落としてゆっくり確認し発声してみてください。

遅いテンポで細かい音程を丁寧に練習することで、しっかり音程を合わせることができますよ!

3.曲のメロディに合わせて歌う練習

歌が下手な人でも必ず上達できる5つの方法!まずはなぜ歌が下手なのか原因を知ることから始めよう!

スマホなどで曲を流し、音程を意識しながら歌ってみましょう。できれば、カラオケ音源のように歌が入っていない音楽で練習するのがおすすめです。

JOYSOUND+Smuleなどのカラオケアプリを活用すれば、カラオケと同じように歌が入っていない音源で練習ができます!

4.カラオケで練習

特徴3.音域が広い

最後は、実際にカラオケで歌って練習してみましょう。

カラオケの採点機能を利用すると、音程バーが表示されます。その音程バーを頼りに合わせて歌う練習ができます。

また、カラオケで歌った声を録音して、実際の曲と重ねてみる方法もおすすめです!

録音した自分の歌声を実際の曲と重ねてきいてみると、歌っているときには気づけなかった音程のずれや改善点を見つけることができますよ。

カラオケで音程の練習をするときは、以下のコツを意識しましょう!

カラオケで音程を練習する際のコツ

  • マイクのエコーを切る
    エコーがあると、声が響いて気持ちはよいのですが、曖昧な音程でごまかされてしまうため自分の声が聞こえません。
  • 片耳だけ塞いで歌う
    片耳だけ塞ぐと、骨伝導で自分の声がより聞こえやすくなります。
  • ガイドメロディーをつけて歌う
    一緒に歌うことで、音を外したときに気がつきやすく、正しいメロディを体に覚えさせます。

【参考】音痴におすすめの曲を知りたい方はこちら

音痴が考える歌いやすい曲をベスト10!少しでも上手く歌うコツも紹介
音痴が考える歌いやすい曲をベスト10!歌いやすい曲を選ぶ方法について解説

【番外編】音痴で悩む人が直すべきポイント3つ

音痴で悩む人は、音程の練習に加えて直すべきポイントについて解説していきます。

1.口を大きく開けてハッキリと言葉を出す

口を大きく開けてハッキリと言葉を出す

音を外しているかもしれない…という不安や自信の無さから、口をあまり開けずにボソボソ歌ってはいませんか?

それでは声が小さいだけでなく、全ての音程が曖昧で滑舌も悪く、こもった暗い歌になってしまいます。

まずは口を大きく開けてハッキリと言葉を出すこと!音程はすぐには取れなくても、口を開けることはできますよね。

音程が良くなってから堂々と歌うのではなく、堂々と歌うことで音程が良くなっていくのです。

2.腹から声を出すように意識する

腹から声を出すように意識する

声の出し方は「お腹から」です。最初のうちは音程も気にせずお腹から思いっきり声を出してみましょう。

お腹に両手を当てて、鼻から息を吸い「ハッハッハッハ」と声を出しながら全部吐き出してみてください。

お腹が動いて体全体で声を出している感じがしませんか?これが腹式呼吸です。腹筋が鍛えられ、お腹から声が出せることで息が安定し音程もキープすることができます。

また、お腹から声を出すこと自体がストレス発散になり、気分が明るくなりますよ。何事も、練習するときのメンタルが整っていると成果が出やすいのです!

3.リズム感も鍛えよう

リズム感も鍛えよう

音程ができてからリズムじゃないの?と思われるかもしれませんが、それは違います。音程とリズム感は同時に鍛えることがおすすめです!

なぜなら、音程が合ってるか合ってないかは、リズムがずれていると確認しにくいからです。

そもそも、音程自体はだいたい合っておりリズムがずれていた場合でも、歌声を聞くと音程がずれているように聞こえることもあります。

また、リズム感を鍛えることで音符と音符の境目を認識でき、音程もハッキリと分けて歌えるようになるのです。

【参考】自宅でもできる基礎的なボイトレを知りたい方はこちら

自宅でおすすめのボイトレ方法7選!大声を出さずに歌唱力を確実にアップさせる練習法を伝授!
自宅でおすすめのボイトレ方法7選!大声を出さずに歌唱力を確実にアップさせる練習法を伝授!

効率良く歌を上手くなりたいならボイトレ教室がおすすめ!

効率良く歌を上手くなりたいならボイトレ教室がおすすめ!

自分で音程を合わせれるようになるトレーニングについて解説してきましたが、

  • カラオケで練習してるけど音痴がなおらない。
  • 早く音痴を治したい

と悩んでいる方にはボイトレ教室がおすすめ!

自分やるトレーニングは、正しい方法でできているのか判断するのが難しいため、どうしても歌を上達するのに時間がかかってしまいます。

その点、ボイトレ教室なら講師の方が正しい練習方法を教えてくれるので、効率よく音程を合わせられるようになりますよ

おすすめのボイトレ教室について知りたい方は以下を参考にしてください。
【2019年最新】ボイトレ教室のおすすめランキング!料金・口コミで厳選比較!

まとめ:正しく音程をとるために地道な練習を重ねよう!

音程は、今日練習して明日上手くなるものではありません。地道な繰り返しで正しい音程が身につくのです

キーボードやチューナー、CDプレイヤーが無くても、だいたいのことはスマホアプリでできるため今すぐに練習を始められます!

思い立ったら即行動。音痴卒業へ向けて今日から始めてみてくださいね♪

参考リンク:

カラオケで自信を持って歌えるようになりたい方は以下を参考に。カラオケレッスンなら、自分で練習するよりも早く歌を上達することができますよ!

カラオケレッスン おすすめ 
カラオレッスンは本当に効果がある?おすすめの教室と失敗しない選び方を解説!