歌の上達方法

歌が下手な人でも必ず上達できる5つの方法!まずはなぜ歌が下手なのか原因を知ることから始めよう!

歌が下手な人でも必ず上達できる5つの方法!まずはなぜ歌が下手なのか原因を知ることから始めよう!

「カラオケ行かない?」

このフレーズにあなたはいつもどのように反応していますか?

青ざめて行けない理由を一生懸命考えるでしょうか?それとも覚悟を決めて「行こう!」と返事をするでしょうか?

歌が下手な人にとって「カラオケ行かない?」と聞かれるのはストレス以外の何者でもありませんよね。

そこで今回は、そんな歌が下手な人のために、必ず歌が上達する5つの方法を紹介します。

自分が「歌が下手な人」だと思っている方、希望を持ってください!歌が下手だということを自覚している時点でもう改善は始まっているのです。

歌が下手な人でも大丈夫!練習すれば絶対上手くなる!

マンツーマンレッスンのボイトレ教室を選ぼう
まず改善策を見ていく前に頭にたたき込んで欲しいのが、「才能は関係ない」ということです。

プロを目指すのでなければ、才能があろうがなかろうが、練習すれば人並み以上に上手くなれます。

しかし、正しい方法で練習しなければ歌は上達しません。正しい「歌う方法」を学び、毎日練習をするかどうかが全てになります。

以下では、歌が上手くなる方法を1から丁寧に解説していきます。

歌が下手な人はまず何をすればいいの?

歌が下手な人はまず何をすればいいの?

歌が下手な人が上達するための第1歩は、「原因を知る」ことです。

歌が下手な人には必ず原因があるので、それを1つずつ解明し、修正する形で練習をしていきます。

そして、原因を知るのに最も有効な手段が「録音」です。

歌が下手な人は自分の歌声を録音することに抵抗がある人が多いですが、録音することで自分の歌声を客観的に聞くことができ、悪い点を分析することができます。

ただ、いきなり分析しろと言われても何を聞けば良いのか分からないですよね。そこで、以下の「歌が下手な原因リスト」を参考にしてみてください。

歌が下手な原因

  • 音程が合わない
  • 抑揚がない
  • リズム感がない
  • 高い声が出ない
  • 自信を持って歌えていない

この5項目は、歌が下手な人と思われてしまう原因です。

このリストと自分の歌声を照らし合わせ、まずは自分が歌が下手な原因をしっかり理解しましょう。自分ではよく分からないという人は、誰か信頼できる人に手伝ってもらうと良いですね。

【原因別】歌が上手くなる練習方法を紹介

さて、それぞれの原因が分かったところで修正作業に移っていきます。

歌が下手な原因

※原因をクリックすると該当箇所へ飛びます。

歌が下手な原因1.音程が合わない

歌が下手な原因1.音程が合わない

1つ目は音程が合っていないということ。

ハーモニーという言葉は聞いたことがありますよね?音楽においてハーモニーというのは「音程の組み合わせ」のことです。音楽の授業で習ったド・ミ・ソとか、レ・ファ・ラなどがハーモニーですね。

そして、あなたの歌声も立派なハーモニーの一部。なので、音程がずれてしまうとハーモニーが崩れてしまいます。崩れたハーモニーは人間の耳には不快に聞こえてしまうので、そのような人は「歌が下手な人」と呼ばれてしまうんですね。

そして音程がずれてしまう原因は、歌いたい音と実際に口から出てくる音がリンクしていないことです。

ハーモニーを崩さない正しい高さの音を歌えるようになるための練習を見ていきましょう。

対策1.歌いたい曲を何回も聴く

歌いたい曲を何回も聴きましょう。歌うべき音程を体で覚えてしまおうということですね。

特に意識して聴いて欲しいのが、

  • イントロ
  • フレーズの最初の音
  • 間奏

これら3つ。

歌が上手い人はイントロの音を聴いて、そこから最初の音を見つけます。それができるようになるには、イントロで出ている音程に対して、歌い出しの音がどれくらいの高さなのかを知っておく必要があります

この最後のピアノの音が歌い出しの音だ、とか、このギターの音のちょっと上だな、という感じです。

具体的な音でなくても、なんとなくこのくらいかなぁ、という感じで捉えることが出来れば大丈夫です。同じことが間奏と次のフレーズにも言えますね。

難しく聞こえるかもしれませんが、あなたもおそらく無意識にやっているテクニックです。

イントロから歌い出しのところだけをリピートで繰り返してください。思ったより早く最初の音をつかめるようになるはずです。

繰り返し繰り返し音源を聴いて、音源と一緒に歌って、練習して、意識的にできるようになりましょう。

対策2.キーボードとチューナーで音階トレーニング

準備するもの

・チューナー
Practice+ チューナ & メトロノーム
(IPhone用)
チューナー & メトロノーム
(Android用)

・キーボード
ピアノ for iPhone
(IPhone用)
My Piano Phone
(Android用)

続いてはキーボードとチューナーを使った音階トレーニングです。

キーボードを用意してください。ない方は携帯のアプリでも大丈夫です。

練習方法

  1. ランダムに音を弾く
  2. その音を歌
  3. また別の音をランダムに弾く
  4. その音を歌う
  5. 色々な音で繰り返す

もし、自分が正しい音を歌えているか分からないという方は、チューナーかチューナーのアプリを使ってキーボードの音と自分の声が合っているかを確かめながらやりましょう

これだけですね。

このトレーニングの目的は「聞いた音を歌う能力」を鍛えることです。歌が下手な人と歌が上手い人の最も大きな違いの1つと言えるでしょう。

イントロを聞いて、「あ、この音だな」と思っても、それを瞬時に歌えなければ結局音程がずれてしまいます。耳で聞いた音を即座に自分の喉で再現する。これが歌が下手な人を卒業するには必須です。

【参考】音程を合わせるコツとは?

カラオケ上達の第一歩「音程を合わせるコツ」を掴んで音痴を卒業しよう!
カラオケ上達の第一歩「音程を合わせるコツ」を掴んで音痴を卒業しよう!

ちなみに、音感という概念がいまいちよく分からないという方はこちらの動画でご確認ください。とてもわかりやすく解説してくれています。

歌が下手な原因2.抑揚がない

歌が下手な原因2.抑揚がない

2つ目は抑揚がないということ。全体的に「のっぺり」している、メリハリがない、盛り上がりに欠ける、ということですね。

正しい音程で、正しいリズムで歌っているのにもかかわらず「歌が下手な人」に分類されてしまう人はこれが主な原因です。

ここで注意して欲しいのが、「抑揚」と「強弱」を混同しないことです。

学校でやった合唱などでも、「強弱をつけて感情豊かに歌いましょう」とか、カラオケのテクニックなどでも「Aメロは静かにサビは大きく歌いましょう」なんていうことを言われます。

しかし、この「強弱」はあまり意識する必要がないんですね。

なぜかというと、普通に歌えば強弱なんていうモノは自然につくからです。

世の中の8割の歌は、Aメロからサビにかけて盛り上がるようにできています。それにあわせて伴奏の音量も大きくなります。音程もだいたい高くなります。

強弱をつけない方が難しいんですね。

なので、「強弱」と「抑揚」は切り離して考えましょう

では、「抑揚」をつけるにはどうすれば良いか見ていきましょう。

対策1:母音を意識して歌う

抑揚をつける有効な対策としては「母音を意識して歌う」ということです。

少し曖昧なので体感してみるのが一番早いです。

唇をすぼめて「あーー」と言ってみてください。そして今度は、上唇を思いっきり上に上げて「あーー」と言ってみてください。

「音の明るさ」が変わったのが分かるでしょうか?

結論としては、「母音の音の明るさを変えることで抑揚がつく」です。

実践してみましょう。

どの歌でも良いので、「愛してる」という歌詞を歌ってみます。斉藤和義さんでもスピッツでもゴスペラーズでも誰でも構いません。

まず、唇を動かさず「愛してる」と歌ってください。

次に、「愛してる」の最初の「あ」の部分で上唇を上に思いっきり上げて歌ってみてください。やり過ぎるくらいがちょうど良いです。

違いが分かったでしょうか?

これを上手くコントロールすることで抑揚を習得することが出来ます。

こちらの動画では、今のコンセプトをわかりやすく、面白く解説してくれています。

対策2:曲を覚える

曲を覚えましょう。

歌が下手な人が抑揚をつけることが出来ない原因としてありがちなのが「音程、リズム、歌詞に手一杯で抑揚まで神経がいかない」ということがあります。

これは単純に、何回も聞いて、何回も歌って覚えましょう。

歌詞を覚える手段として有効なのは「書き写す」ことですね。

【参考】抑揚を身につけて、カラオケで90点を取る方法について解説!

自宅でおすすめのボイトレ方法7選!大声を出さずに歌唱力を確実にアップさせる練習法を伝授!
カラオケで抑揚をつけて歌う方法を解説!表現力のあるカッコいい歌い方を習得しよう

歌が下手な原因3.リズム感がない

歌が下手な原因3.リズム感がない

3つの原因はリズム感がないこと。

「メロディー」「ハーモニー」と並び、音楽の三大要素の1つである「リズム」。あなたが思っている以上に大事なモノかもしれません。

コーラスの世界におけるリズムの重要性

「間違った音を間違ったリズムで歌ったら、それは完全な間違い。では、正しい音を間違ったリズムで歌ったらどうか?それも完全な間違い。」

つまり、いくら正しい音程で歌えていてもリズムが合っていなければ、「間違っている」と評価されてしまうのです。さらにこの後、「間違った音を正しいリズムで歌う方がまだマシだ」と続ける人もいます。

いくら正しい音程で歌っても、いくらキレイな声で歌っても、正しいリズムで歌えていなければ「歌が下手な人」と呼ばれてしまいます。

そんな音楽家としての評価を大きく左右する「リズム感」。どのように鍛えていけば良いのか見ていきましょう。

対策:四分音符を正確なリズムで刻む練習をしよう!

準備するもの

・メトロノーム
Smart Metronome(IPhone用)
メトロノームのビート(Android用)

 

何よりもまず出来るようにならなければいけないのが「リズムのキープ」です。

「裏拍で…」とか「グルーヴが…」など、リズムに関しては様々な議論が交わされますが、全てにおいて「一定のリズムがキープ出来る」ということが大前提になります。

歌が下手な人には、この「一定のリズムのキープ」が出来ていない人がとても多いです。

では、「リズムキープ」の練習を見ていきましょう。

練習方法

  1. 速さを100bpmから150bpmのどこかに合わせる
  2. それに合わせて手を叩く

これだけです。

単純ですが、慣れていないと長時間クリック音に合わせて手を叩き続けるのは意外と難しく感じるはずです。様々なスピードで練習してみましょう。

また慣れてきたら、クリック音の間にも手を叩く「8分音符」にもチャレンジしてみましょう。

このような地道なトレーニングを続けることで、あなたの歌に「ノリ」というモノが生まれ、歌が下手な人卒業に大きく前進します

以下の動画では詳しい練習方法や発展編を解説してくれているので、参考にしてみてください。

【参考】リズム感を鍛えるメリット、トレーニング法を紹介!

自宅でおすすめのボイトレ方法7選!大声を出さずに歌唱力を確実にアップさせる練習法を伝授!
カラオケで抑揚をつけて歌う方法を解説!表現力のあるカッコいい歌い方を習得しよう

歌が下手な原因4.高い声が出ない

歌が下手な原因4.高い声が出ない

「高音が出ない」ということも「歌が下手な人」になってしまう大きな原因です。

いくら低音や中音域のところを上手く歌えていても、高音のところが上手く歌えないとリスナーは感動してくれないんですね。

なぜかというと、高音の箇所は大抵「見せ場」だからです。

では、なぜ高音が出ないのか。理由として1番に上げられるのが、喉が力んで閉まっているということ。まず、ここをクリアする必要がありますね。

喉を開いて自分の最高音が出せるようになったら、あとはその最高音を時間をかけて上げていきます。

時間をかけて、といっても1週間や2週間という話ではなく、数ヶ月もしくは数年という単位の話です。

音域を広げるという行為は、筋トレと同じようなモノです1週間頑張って鍛えても筋肉の量は大して変わらないですよね。数ヶ月、継続的に続けてやっと効果が現れ始めます

歌が下手な人卒業のため、気長に毎日練習しましょう。

対策1.喉を開く

では、高音を出すための第1ステップ「喉を開く」練習をしていきましょう。

練習と言ってもやることは簡単で、「上を向く」。これだけです。

頭を45度くらい上に傾けて、脱力してください

そしてアゴをカクーンと落とします。力一杯開く必要はありません。脱力を意識してください。

それが出来たら、出来るだけ無気力に「あーーー」と声を発してください。

喉の管がまっすぐになって、息がスムーズに通ったのが分かったでしょうか?

その状態が喉が開いている状態です。その状態を意識して歌えば、あなたの最高音が大分違ってくるはずです。

対策2.共鳴で響かせる

対策2は「共鳴」です。要は声が頭がい骨に響いているかどうか、という話です。

歌が下手な人の多くは頭がい骨に声が響く感覚がつかめておらず、喉や口で声を作りがちです。

喉や口にばかりに声が響いていると、高音域に達したときにどうしても詰まった感じがしてしまいます。

そこで、声を響かせる箇所を口から鼻に変えてみましょう。声の出口が前方から斜め上に変わる感じです。

口から声が出るのではなく、鼻や目と目の間から声を発するようにイメージしてみてください

最初はイメージしづらいかもしれませんが、色々試行錯誤する内に「頭がい骨に声が響く」という感覚が分かってくるはずです。

以下の動画では、音域を広げることの考え方を説明してくれています。

【参考】音域を広げて高音をラクに出す練習法と注意点を解説!

ボイトレ
カラオケで高音もラクに出せる!音域を広げる練習方法と注意点について徹底解説!

歌が下手な原因5.自信がない

歌が下手な原因5.自信がない

最後は、自分が「歌が下手な人」と思っている人にとって一番の課題「自信」

上の原因1から4までをクリアできても、この原因5をどうにかしなければ「歌が下手な人」卒業は難しいですね。

人前で歌うことを恥ずかしがっている人を、「歌が上手い人」とはどうしても呼べません

逆に多少音痴でも、堂々と大きな声で歌っている人は「歌が上手い人」とは呼ばれなくても、見ていて気持ちが良いですし、不思議と「歌が下手な人」というレッテルが張られないんですね。

対策:ボイトレを習慣にしよう!

そんな自信をつけるための究極の対策が「練習」です!

あなたはなぜ歌うことに自信がないのでしょうか?音痴だから?リズム感がないから?声が出ないから?

じゃあその不安を、一生懸命練習して消し去ってしまえば良いのです!

一つ一つの課題をクリアし、上達を実感し、小さな成功体験を積み重ねる。そうしてちょっとずつ、ちっちゃな自信がついてくる。

そして、仲の良い友達の前では堂々と歌えるようになり、会社でも同僚だけとだったらカラオケに行けるようになり、最終的には結婚式で何十人もの前で歌えるようになります。

そうして歌が下手な人と呼ばれていた自分をいつの間にか忘れてしまっているんですね。

そこから趣味でバンドなんか始めてしまったりして。

「音程がずれなかった!」とか、「リズムキープ出来た!」という毎日の練習で感じる小さな「やった!」という感覚を大事にしてください

その「やった!」という感覚が積み重なり、いずれどんな状況でもあなたを支えるバックボーンになってくれるはずです。

効率良く歌を上手くなりたいならボイトレ教室がおすすめ!

原因の解明と修正、出来たでしょうか?

もしかしたら、「自分1人では手に負えない」と思われたかもしれません。

そう思われた方にはボイストレーナーの先生に手伝ってもらうことをお勧めします

自分1人では、トレーニングを正しく行えているのかが分からなくなり不安になってしまいます。プロに指摘してもらえば、その不安を解消できますね。

また、自分で自分の課題を分かっている生徒は、先生としても教え甲斐があって喜ばれます。何を教えて欲しいのか明確にしてレッスンに行きましょう

あと、レッスンは歌が上手い人が行くモノ、というような考え方を持っている方がいるようですが、それは完全な勘違いです。歌が下手な人こそプロの先生に見てもらうべきですね。

https://vodemy.jp/articles/18265

まとめ:歌が下手なら練習あるのみ!自信を持って歌うことが大切!

歌が下手な原因と対処法について解説しました。

もう一度、歌が下手な原因と対策を見たい方はこちら⬇︎

あなたも今日から毎日練習して、ちっちゃな自信を積み重ね、歌が下手な人だった自分を過去のモノにしちゃいましょう!

参考リンク:

歌が上手い人を分析することも、歌が上手くなるための近道!

以下の記事では、歌が上手い人の持つ8つの特徴について徹底解説しています。

https://vodemy.jp/articles/23625