歌の上達方法

ビブラートの出し方と練習方法を徹底解説!聴き手の心も振わすビブラートを出すコツとは?

ボイトレ

聴き手に一瞬で「あ、この人うまい!」と思わせることが出来るテクニックの一つ、ビブラート。

しかし、その華やかさのため、「自分には無理だ…」「しっかり訓練を受けている人じゃないと…」と思って諦めていませんか?

そんなことはありません!必要なのはビブラートの正しい練習方法と毎日の練習

そこで今回は、

  • ビブラートの出し方
  • ビブラートのコツ
  • ビブラートの効果的な練習方法

について徹底解説していきます。

この記事を参考に、聴き手の心も震わすビブラートを手に入れましょう!

ビブラートとは?

ビブラートとは?

まず、「ビブラート」とは何なのか、というところから見ていきましょう。

「ビブラート」は歌の中で長く伸ばす音(ロングトーン)があるときに声を揺らすテクニックです。その揺れが人間の耳には心地よく、キレイに聞こえるんですね。

ただ揺らせば良いというわけではなく、正しい揺れ方をしていなければなりません。

ビブラートの正しい揺れ方

  • 音の揺れ幅が一定
  • 音の揺れる間隔が一定
  • 音が途切れない

これらの条件をクリアして初めてビブラートと呼ばれるわけです。

そして、クリアするには3つの方法があります。以下で、1つずつ見ていきましょう。

3つのビブラートと出し方

ビブラートの3つの出し方を見ていきましょう!

1.横隔膜を揺らしてかけるビブラート

最初は横隔膜を使ったビブラートです。声を出す際に横隔膜を上下に揺らし、音量を揺らすことによってビブラートを出します。

普段あまり意識しない横隔膜を使うので、習得するのに時間がかかりますが、その分安定したビブラートになります。

スーパーフライの越智さんは、横隔膜のビブラートをよく使っているので参考にしてみてください。

2.喉でかけるビブラート

次は喉を使ったビブラート。横隔膜のビブラートでは音量を変えましたが、喉のビブラートでは「音程」を揺らします。

基本的には音程を変化させるだけなので、横隔膜のビブラートよりもできるようになるのは早いかもしれませんが、横隔膜のビブラートほどのダイナミックさはでません。

どちらかというと、細かいビブラートを出すのに適していますね。

ガクトさんは喉のビブラートをキレイに使うので参考にしてください。

3.アゴでかけるビブラート

最後にアゴを使ったビブラート。横隔膜では「音量」、喉では「音程」、そしてアゴでは「共鳴の位置」を揺らします。

発声するときに、アゴを上下に「あうあうあうあう」と動かします。そうすると声の響く位置が変わって、自然に声が揺れてビブラートになります。

3つの内では比較的簡単な方法ですね。

最後に、以下の動画で3つのビブラートの違い実演してくれているので参考にしてください。

ビブラートを出すための2つの練習方法

では、具体的なビブラートの練習方法を見ていきましょう。アゴでかけるビブラートはもう説明が済んでいますので、横隔膜と喉のビブラートの練習方法を紹介します。

ビブラートを出すための2つの練習方法

  1. ドギーブレスを使用する方法
  2. 音程を上下させる方法

1.ドギーブレスを使用する方法

1つ目は「ドギーブレス(Doggy Breath)」。その名の通り犬のような呼吸です。

興奮した犬などが、「ハッ、ハッ、ハッ」と舌を出して行う呼吸をまねすることで、横隔膜を揺らす感覚を簡単につかむことが出来るのです。

やり方としては単純に犬のものまねをするだけなのですが、2つ注意点があります。

ドギープレスの注意点

  • 必ず腹式呼吸で行うこと
    ※歌うときは腹式呼吸なので、腹式呼吸で横隔膜を揺らすことが出来なければ実践で使うことは出来ません。
  • 息を毎回吸うこと
    ※例えば、「ハッ、ハッ、ハッ、ハッ」と4回息を吐くのであれば、間に3回は息を吸わなければいけないということですね。「ハッ、(吸う)ハッ、(吸う)ハッ、(吸う)ハッ」です。

この繰り返しの動きにより横隔膜が揺れるので、大きく吸って何回か吐いて、では意味がないんです。

早くやろうとすると頭が混乱するので、最初はゆっくりから始めましょう。

以下の動画で実演してくれているので参考にしてください。

2.音程を上下させる方法

次は喉のビブラートの練習方法です。音程を揺らすビブラートですね。

この方法のポイントは、ビブラートを音符として捉えるということ。ピアノやギターはお持ちでしょうか?もし無ければ、ピアノのアプリでも構いません。

音程を上下させる方法

  1. ピアノかギターで、自分で無理なく出すことのできる音を出すそれの音にあわせて歌います。
  2. 半音上もしくは全音上(右隣の鍵盤)を弾く今度はその音にあわせて歌います。
  3. 最初の音に戻ります2つの音を行ったり来たりしてください。最初はゆっくり「あー(低)あー(高)あー(低)あー(高)」とはじめて、徐々にスピードを速めていきます。

早くなるにつれて、声が揺れているように聞こえてくるはずです。その感覚をコントロールできるようになれば喉のビブラート完成です。

以下の動画で実演してくれているので参考にしてください。

【参考】自宅でもできるボイトレを更に詳しく知りたい方はこちら

自宅でおすすめのボイトレ方法7選!大声を出さずに歌唱力を確実にアップさせる練習法を伝授!
自宅でおすすめのボイトレ方法7選!大声を出さずに歌唱力を確実にアップさせる練習法を伝授!

キレイなビブラートを出す2つのコツ

キレイなビブラートを出す2つのコツ

ここで練習方法とは別に、ビブラートを身につけるために意識すべき2つのコツを紹介します。

ビブラートを出す2つのコツ

  1. 腹式呼吸を習得する
  2. ロングトーンを習得する

ビブラートを出すコツ1.腹式呼吸を習得する

まずは「腹式呼吸」。

上記でも少し触れましたが、基礎的なエクササイズから実践まで全て腹式呼吸で行えなければいけません。

そして、冒頭でお話しした「ビブラートを習得する上でクリアするべき3つの条件」を思い出してください。

  • 音の揺れ幅が一定
  • 音の揺れる感覚が一定
  • 音が途切れない

でしたね。

これらの条件をクリアする上で、安定した空気の供給というのはとても大事な要素になってきます。

腹式呼吸がよく分からないという方は、以下の動画で詳しく解説してくれているので参考にしてください。

ビブラートを出すコツ2.ロングトーンを習得する

ロングトーンとは、読んで字のごとく音を長く伸ばす歌唱法です。

長く伸ばす音を途切れず、ブレず、震えずに出すことができれば「ロングトーンができている」。そうでなければ「ロングトーンができていない」となります。

なぜロングトーンがビブラートを出すのに重要かというと、やはり安定感がビブラートには欠かせないからですね。

ロングトーンも認知度が高いテクニックですが、詳しく知りたい方は以下の動画を参考にしてください。

【番外編】すぐ実践できる!なんちゃってビブラートの出し方

【番外編】すぐ実践できる!なんちゃってビブラートの出し方

さて、ここで番外編の「なんちゃってビブラート」を紹介します。ビブラートとは違うけど、ビブラートっぽく聞こえるテクニックです。

それは「母音の強調」。

例えば長い音が出てきたとき、

「あーーーーーーーー」

ではなく、

「あーあーあーあーあーあ」

と、母音を発音して歌ってみてください。

そうするとビブラート風な歌い方ができます。

この歌い方でプロの歌手にはなれませんが、今夜のカラオケ程度だったら乗り切れます。

【参考】シャウトも効かせたい!という方は以下を参考に

song8
【初心者向け】かっこいいシャウトの出し方と正しい練習方法について徹底解説!

カラオケでビブラートを練習するのにおすすめの曲3選!

カラオケでビブラートを練習するのにおすすめの曲3選!

エクササイズや基礎トレも大事ですが、それと同じくらい大事なのが曲を使った実践練習

ビブラート練習に適した曲をピックアップしたので見ていきましょう。

カラオケでビブラートを練習するのにおすすめの曲3選!

  1. home:木山裕策
  2. 桜:コブクロ
  3. 三日月:絢香

1.home:木山裕策

1つ目は2009年リリースの木山裕策さんの「home」。

何が良いかというと、曲の最初からロングトーンが連発されるので、曲を通して何回でもビブラートの練習が出来ます。

そしてテンポもゆっくりで1音1音、一言一言丁寧に歌われているので、ビブラートに集中しやすいところもポイントですね。

2.桜:コブクロ

続いて2006年リリースのコブクロさんの「桜」。

こちらもゆっくりでロングトーンの多い曲です。

それ以外に良い点として、音程の動きが少ないということです。Aメロではほとんど動かず、サビでも同じフレーズが繰り返されるのでビブラート以外のことに気を遣わなくて済みます。

【参考】音痴でも歌いやすい曲を知りたい方は以下を参考に

音痴が考える歌いやすい曲をベスト10!少しでも上手く歌うコツも紹介
音痴が考える歌いやすい曲をベスト10!歌いやすい曲を選ぶ方法について解説

3.三日月:絢香

最後は2006年リリースの絢香さんの「三日月」。

この曲で注目すべきはサビの「No more cry」の cryの部分。男性ではどうしても高いので裏声を使わなければなりません。

そのため、「裏声でのビブラート」というちょっとレベルの高いことをやらなければなりません。

【参考】カラオケで歌いやすい曲を知りたい方はこちら

男性がカラオケで歌いやすい曲ベスト10!声の高さに合わせておすすめの曲も紹介
男性がカラオケで歌いやすい曲ベスト10!声の高さに合わせておすすめの曲も紹介

キレイなビブラートを出したいならボイトレがおすすめ!

キレイなビブラートを出したいならボイトレがおすすめ!

さて、ビブラートの様々な練習方法やコツを見てきましたが、実は「ビブラートはわざわざ練習するモノではない」という考えを持っている専門家が多くいます。

というのは、ビブラートというのは正しい発声が出来ていれば自然に出せるようになるモノだからです。

逆に言えば、ビブラートは基礎をしっかり身につければ出せるモノで、特殊な訓練は必要ないということですね。

とりあえず基本的なボイトレから始めましょう

おすすめのボイトレ教室について知りたい方は以下を参考にしてください。
カラオケダイエットにもおすすめボイトレ教室

まとめ:聴き手の心も振わすビブラートを手に入れよう!

ここまで読んでいただけたのなら、ビブラートが限られた人にのみ使うことのできる魔法では決してないということを理解していただけたはずです。

あなたも日々のボイトレとちょっとしたコツを身につけて、魅惑のビブラートで歌っちゃいましょう。

参考リンク:

カラオケでかっこよくビブラートを出したい方は以下を参考に。カラオケレッスンなら、独学よりも格段に早くビブラートを習得できますよ!

カラオケレッスン おすすめ 
カラオレッスンは本当に効果がある?おすすめの教室と失敗しない選び方を解説!