歌の上達方法

カラオケで歌うのが恥ずかしくなる原因とは?歌が下手でもカラオケを楽しむコツを紹介

カラオケで歌うのが恥ずかしい…恥ずかしくなる原因と解決方法を知ってカラオケを楽しもう!

カラオケで歌うのが恥ずかしい…という方は多いのではないでしょうか。

せっかく歌いたい気持ちがあっても、恥ずかしさで歌えなかったり、緊張して声が出なかったりすると落ち込んでしまいますよね

そこで今回は、カラオケで恥ずかしくなる原因とカラオケを楽しむコツを紹介。また、恥ずかしさを紛らわす曲選びについてもご紹介します。

カラオケの恥ずかしさを解消し、友達や職場の人と思いっきり楽しんでくださいね!

カラオケで恥ずかしいと感じる3つの原因

カラオケで恥ずかしいと感じる3つの原因カラオケで恥ずかしいと感じるには3つの原因があります。

何事も解決するには、まず原因を知ることが大切です。1つずつ向き合い、解消していきましょう。

1.音痴で歌の音程が取れない

1.音痴で歌の音程が取れない1つ目は、音痴で歌の音程が取れないことが原因です。

カラオケで他人に音痴だとバレたくない気持ちや、歌声を笑われないだろうかという恐怖心から、歌うことが恥ずかしくなってくるのです。

また、音痴を気にしていると、他人の歌がやたら上手く聞こえてきて不安になってしまいますよね

そうなると恥ずかしいどころか、歌いたい気持ちさえ消えてしまいます。

このように、音痴が原因でカラオケが恥ずかしい方は、一刻も早く音痴を改善しましょう。

音痴はトレーニングすれば必ず治ります

具体的なトレーニング方法については以下の記事で解説しているので参考にしてください。

【参考】あなたは何音痴?3種類の音痴の治し方

音痴は必ず治る!3種類の音痴と治し方を解説
音痴は必ず治る!3種類の音痴と直し方を紹介

2.シャイで人に聞かれていると恥ずかしい

2.シャイで人に聞かれていると恥ずかしい2つ目は、歌の上手い下手に関係なく、単に恥ずかしがり屋さんであることが原因です。

この場合、カラオケで歌うことだけではなく、人前で話したり注目されたりすることが恥ずかしいので、声も小さくなってしまいます。

もしくは、「聞いているのが好きなので…」と、自分は歌わずにひたすら聞き役に徹してしまいがちです。

もちろん、本当に聞いているだけで良いならば、それもカラオケの楽しみ方の1つ。

ですが、歌うことが好きであれば少しもったいないですよね。

せっかく歌いたいという気持ちがあるのであれば、シャイな性格だからと諦めずに、是非この機会に克服してくださいね

3.流行りの曲を知らない

3.流行りの曲を知らない3つ目は、流行りの曲を知らないことが原因です。

カラオケに行っても

  • 歌えるのは昔流行った曲ばかり。
  • 新しい曲は知らないし歌えない。
  • こんな曲を選んで古臭いと思われないだろうか。

など、流行りの曲を知らないことにコンプレックスを感じ、歌うのが恥ずかしくなっているのです。

この状態では、自分の歌う曲を選ぶ時点で緊張してしまいますよね。

ですが、流行りの曲を知ることで恥ずかしさを克服できるので、解決しやすい原因ともいえます。

【参考】カラオケで歌いやすい曲を紹介

男性がカラオケで歌いやすい曲ベスト10!声の高さに合わせておすすめの曲も紹介
男性がカラオケで歌いやすい曲ベスト10!声の高さに合わせておすすめの曲も紹介

カラオケを楽しむ5つのコツ

カラオケが恥ずかしい状態を克服する5つの方法カラオケで歌うのが恥ずかしい状態を克服し、楽しむ5つのコツをみていきましょう。

1.カラオケの上手い下手は関係ないと自覚する

1.カラオケの上手い下手は関係ないと自覚しようカラオケでは、歌の上手い下手は関係ありません。

歌が上手くないと人前では披露できない…と決めつけてはいませんか?他人に聴かせられるように上手くないといけないのはプロの歌手だけです。

カラオケは本来、歌を楽しむことを目的とした娯楽であり、息抜きなのです

友人や仲間と元気な曲で盛り上がったり、バラードを思いっきり熱唱したり、大切なのはその時間を楽しむこと。つまり、歌が下手でも音痴でも要は楽しんだもの勝ちなのです

また、自分が気にしているほど、周りは他人の歌を気にしていません。

例えば、他の人が歌っているとき「あ、今音を外したな。」などと採点するかのように聞いている人は少ないですよね。その間に自分の歌う曲を選んだり、画面に映る歌詞を眺めたりしている人がほとんどです。

自分の番がきたらマイクを握って気持ちよく歌う。みんなと楽しむ。カラオケはこれで完璧なのです!

カラオケは遊びであり、上手い下手は関係ないことを自覚できれば、恥ずかしい気持ちはすぐに克服できますよ♪

【参考】カラオケで音程を合わせるコツを紹介

カラオケ上達の第一歩「音程を合わせるコツ」を掴んで音痴を卒業しよう!
カラオケ上達の第一歩「音程を合わせるコツ」を掴んで音痴を卒業しよう!

2.他の人の歌に乗っかろう

2.他の人の歌に乗っかろうカラオケの楽しみは自分が歌うだけではありません。他の人の歌に乗っかるのもおすすめです!

ただ歌いたいだけであれば1人カラオケで十分。せっかく一緒に楽しむのであれば、他の人の歌に手拍子やタンバリンで参加したり、合いの手を入れたりして乗っかりましょう

また、恥ずかしい気持ちは同時に緊張感をもたらします。そんな時に他の人の歌に乗っかって楽しむことで、気分もリラックスできるのです

他の人が歌っているときに一緒に歌ってしまえば、段々と歌うこと自体に慣れて恥ずかしさも克服できますよ。

3.とにかく場数を踏もう

3.とにかく場数を踏もうとにかく場数を踏んでカラオケに慣れましょう。「恥ずかしい」とは慣れていない状態から来る感情です。

例えば、初めてのデートでは手を繋ぐのが恥ずかしいと思っていても、結婚して夫婦になってもまだ恥ずかしい…というカップルは珍しいですよね。

このように、回数を重ねることで体が自然とその状態に慣れると、恥ずかしさがなくなり平気になるのです。

つまり、カラオケの場数を踏み、人前で歌うことに慣れてしまえば、恥ずかしさは克服できます!とにかくカラオケに行きまくり、色んな人の前で歌ってみてくださいね♪

4.10〜20曲を覚えよう

4.10〜20曲を覚えようあらかじめ10~20曲を覚えておきましょう。

しっかり覚えている曲があれば、落ち着いて歌うことができます。また、自分の番が回ってきたときに、何を歌おうと焦る心配もなくなります

さらに、覚えるくらい練習した曲であれば自信もついてくるため、堂々と歌うことができるのです。

そして、「ちゃんと最後まで歌えるかな」という不安が無くなり、カラオケで歌うのが恥ずかしい状態を克服できます。

例えば、2人きりで2時間カラオケに行ったとして、1人15曲も歌えば良いほうです。

もっと大人数で行くことが多いのであれば、5,6曲でも覚えておくと安心ですね

【参考】音痴でも歌いやすい曲ベスト10!

音痴が考える歌いやすい曲をベスト10!少しでも上手く歌うコツも紹介
音痴が考える歌いやすい曲をベスト10!歌いやすい曲を選ぶ方法について解説

5.ボイストレーニングでカラオケを上手くなろう

5.ボイストレーニングで上手くなろう音痴を気にするなと言われても気になる…やっぱり歌が上手くなりたい。

そんな人はボイストレーニングを行い、歌唱力を上げましょう!

ボイトレを行うと

  • 音痴が治り音程が良くなる
  • 発声が良くなり、歌が響くようになる
  • 音域が広がり歌える曲が増える

など、歌の技術が全体的に上がります。

ひとりで行う自主練だけでは、音痴が治ってきているのか、呼吸法が合っているのかなど、自分の歌を客観的に判断することができません。

また、気づかずに誤った歌い方で練習をしていると、歌が上達しないだけではなく喉を傷めてしまう危険もあるのです。

そのため、確実に歌が上手くなりたい場合は、ボイトレ教室にて適切な指導を受けましょう

歌が上手くなることで、人前で歌うことへの恐怖心がなくなり、自信をもって歌うことができるのです。

そのため、カラオケで歌うのが恥ずかしい状態を根本的に解決することができます

また、ボイトレを行うと歌がどんどん上達するため、恥ずかしいどころか、人に聴いてほしい!とさえ思えるようになりますよ♪

【参考】おすすめのボイトレ教室を厳選して紹介

https://vodemy.jp/articles/18265

恥ずかしさを紛らわすカラオケの曲選び

恥ずかしさを紛らわすカラオケの曲選びカラオケで歌う恥ずかしさを、紛らわすことができる曲選びをご紹介します。

1.他の人が一緒に歌える(合唱できる)歌を選ぼう

他の人が一緒に歌える(合唱できる)歌を選ぼう他の人も一緒に歌える曲を選びましょう。

自分だけが知っているマイナーな曲や、あまり世間に知られていないコアな曲を歌うと、他の人は知らないので一緒に盛り上がることができません

そこで、みんなが知っていて一緒に歌える曲を選ぶことで、自分の歌に参加してもらいましょう。他の人はマイクを持っていなくても、その場で歌ってくれるだけでも心強くなります。

例えば、モーニング娘やAKB48などの大人数のアイドルソングでも良いですし、24時間テレビでも歌われる「サライ」のような曲でも良いのです。

みんなで歌えばひとりで歌う恥ずかしさは無くなり、思いっきりカラオケを楽しむことができますよ!

2.流行りの歌を選ぼう

流行りの歌を選ぼう

流行りの曲を選びましょう。

流行りの曲を選べば、その曲を知っている人が必ずいます。少なくとも、この曲知らない…と場がしらけてしまう心配がなくなります。

最近歌番組でよく見かける曲や、人気のドラマ主題歌など、話題の曲をおさえておくことで話も盛り上がり、他の人も一緒に楽しむことができるのです。また、自分の歌よりも曲自体に注目され、恥ずかしさを紛らわすことができますよ!

3.バラードを避けてアップテンポの歌を選ぼう

バラードを避けてアップテンポの歌を選ぼう聴かせる系のバラードは避けて、アップテンポの歌を選びましょう。

バラードは盛り上がる雰囲気ではなく、手拍子もなかなかしないため、どうしてもシーンとした状態で歌うことになります。

ただでさえ歌うことが恥ずかしいのに、静かにされてしまうと耐えられませんよね。そのため、アップテンポな曲を選んで勢いで歌ってしまいましょう

テンポが速いと盛り上がる曲が多く、他の人も掛け声を入れたりタンバリンを叩いたり参加できます。つまり、自分の歌が注目されにくいのです。

また、曲の時間についてもバラードは5分を超える長尺が多いですが、アップテンポの曲は3,4分で終わります。

カラオケで歌うのが恥ずかしい人は、勢いとノリで緊張を紛らわせてしまいましょう!

まとめ:カラオケの恥ずかしいは克服できる!

カラオケの恥ずかしいは誰でも必ず克服できます!

このまま、恥ずかしい…と緊張している状態で歌っていると、心にも体にも負担をかけてしまいます。

  • 歌の上手い下手を気にしない
  • 事前の準備をしっかりする
  • ボイトレで歌唱力を上げる

など、それぞれ自分に合った解決法で恥ずかしさを克服しましょう!

また、カラオケでは歌を上手に歌うことではなく、みんなで楽しむことが大切。恥ずかしさを克服して、カラオケで思いっきり歌い、友達や職場の人と楽しい時間を過ごしてくださいね。

参考リンク:

カラオケでどうしても上手く歌いたい方は以下を参考に。一瞬で歌が上手くなる方法を紹介しています。

歌 上手くなる方法
一瞬で歌が上手くなる方法と自慢の歌声を手に入れるトレーニング方法を紹介!